なぜ留学するのか

生きた英語を学べる

英語

日本の学校や英会話教室でも英語を学ぶことは可能です。
それなのに、なぜ多くの人が語学留学に興味を持つのでしょうか。
それは留学には、日本の学校にはない様々なメリットがあるからです。
1つ目のメリットは、生きた英語を学べることです。
日本の英会話教室では、まわりは日本人ばかり。
英語での言い方が分からなければ、ついつい日本語に頼ってしまうという人は多いでしょう。
留学先であれば、まわりは外国人なので、どうしても英語で話さなくてはならない状況が生まれます。
実際に会話の中で英語を使うことによって、生きた英語が身についていきます。
2つ目のメリットは、たくさんの国の人と出会う機会があることです。
語学留学すれば、語学学校に通う人が多いと思います。
語学学校には、色々な国から学生が来ています。
生まれ育った国が異なれば、価値観も異なります。
語学学校では、価値観の異なる学生とも英語で気軽に話すことができます。
語学留学は、自分の価値観が大きく変わるきっかけになるかもしれません。
ただ、語学留学する際に気になるのが、大学や会社をどうするかということです。
大学を休学したくない、会社を休むと迷惑がかかるといった理由で語学留学に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。
そんな人におすすめなのが短期留学です。
短期ならば、大学の長期休みを利用して留学できますし、会社を休む期間も最小限で済みます。
中には、転職の合間に短期留学をする人もいます。
その上、短期であれば、留学にかかる費用も安くなります。
渡航費は長期留学とほとんど変わりませんが、留学期間が短くなる分、学費と滞在費は抑えられます。

場所と目的をはっきりと

握手

今世の中で流行っているものと言えば何が思い浮かびますか。
オリンピックに向けてますます海外とのかかわりが増えようとしている日本ですが、オリンピックの時には経済が大きく変わろうとしています。
インバウンドビジネスが流行りと言えば流行りですが、逆に今の時期だからこそやるべき事があります。
それは語学留学です。
社会人のみなさんは語学留学に行く暇がない、お金がないと考えるかもしれませんが、アジア圏の島々には格安で行ける語学留学があるのをご存知でしょうか。
短期語学留学で有名なのはフィリピンです。
特にセブ島の短期語学留学はプログラムが豊富で日本人に大変人気が高いです。
その理由はビジネス英語や初心者向けと多数のコースがあるだけでなく、海が綺麗、宿が居心地良い、温暖な気候など語学環境が恵まれているからです。
短期といっても2週間から3ヶ月など期間も様々で有給を利用して今後のきっかけをつかむために短期留学する社会人が沢山います。
近年ではスタートアッププログラムや現地のベンチャーと一緒に働くなど仕事を絡めた留学プログラムもあるため社会人の人にとってのチャレンジ環境が整っています。
海外に今のうち出る事で世界から日本を見た時に価値観の変化によりビジネスの仕方も変わるため、数年以内に語学留学する事は今後のビジネス社会に向けておおいに役立つ経験となります。
もしまよっている人がいたらまずは短期で参加してみましょう。
良い経験になること間違いなしです。

自分への投資

アルファベット

これからの世の中、自分で稼ぐ力が必要になっていきます。
雇われていても先が見えないと判断している人はどんどん行動を始めています。
多くの人は自分の為になる投資としてセミナーに参加したりしますが、最も今必要なのは語学留学です。
短期で語学留学する事が人気な背景には自己投資ときっかけを掴むという目的があります。
将来に悩む人にとって何かしらきっかけが欲しい、その為に知らない土地に飛び出て、語学留学をする事で短期でチャンスをつかもうとするのです。
語学留学は2週間から3ヶ月が短期と言われる期間の平均ですが、場所により金額はバラバラです。
選ぶ時に気をつける点としては治安や立地、プログラム内容を比較して全てが合格点以上である事です。
例えば交通の便が完璧で移動にも困らないシティを選んだとします。
しかし留学する学校の勉強内容が全く楽しめないものの場合どうでしょうか。
留学する意味を見出せないのでは意味がありません。
特に社会人の短期語学留学は実費の人がほとんどです。
限られた時間を有意義に使いたい人にとっては事前のリサーチが何より大切です。
また自分が苦手な分野を選ぶのもポイントです。
話すのが苦手なのに留学時にスピーキングを選ばないのではチャレンジしがいがありません。
海外に出るからには違う価値観や意見の人に多数出会います。
きちんと自分の主張が出来るように目的はしっかりと持って将来を見据えた留学をすればメリットはあります。